あたしはげんきです。


by Walk-in-Shanghai2
カレンダー

2004年 11月 13日 ( 3 )

COUNT2000

*「Ring Shanghai mode」
おかげさまで、COUNT2000
を突破いたしました。
これも、ひとえに皆さんが、
ホームページ内を行ったり来たりして
COUNTをかせいでくれているからでございます 笑。
COUNT2000を踏んだのは、
今回は「Acchin」でした。
あたしが描く絵が大好きなAcchinなので、
(と、思いこんでますけど?)
こんな、キリンさんの輪郭が一筆書きな絵でも大丈夫 笑
b0043635_1721388.jpg


*Acchinはケータイ組なので、
「パソコンの人」用のW.I.S 2を見ないからって、
「ケータイの人」用のコメントとはいささか違っております。
[PR]
by Walk-in-Shanghai2 | 2004-11-13 17:21 | W.I.S.2

Tea Bag

*カップにお湯を注ぐだけ。
でも、淹れ方しだいでずいぶんおいしくなるんだって、
Tea Bag。

*まず、お湯を多めに沸かしますね。
電気ポットとかのお湯じゃなくて、
必ず水道から汲んだばかりの水を沸かしましょう。
カルキ臭が気になる都会にお住まいの皆さんは、
沸かすトキにやかんのフタをとって沸かせば
臭いもふっとびます。

*お気に入りのマイカップに沸騰したお湯を注いで温めます。
(温めている間は、やかんのお湯はそのまま火にかけといてちょ。)
マイカップが人肌以上に温まったら
中のお湯はポイ。
そして、またアツアツのカップル・・じゃなくて、お湯を注ぐんです。
ここ、重要。
そして、Tea Bagを静かにカップの縁から入れたら、
はい、すぐに!
ソーサーなどでふたをします。
(香りを飛ばさんように蒸らすんです)
時間は、1分とみじかめに。
蒸らし終わったら、Tea Bagを数回振ってから出します。
決して、Tea Bagをしぼらない~!
基本的に、カップ1杯分なので、
色が出るからって2杯分作ると、
味・香り・色ともに今ヒトツ。
決して、貧乏くさがらないコト。
b0043635_16183096.jpg

[PR]
by Walk-in-Shanghai2 | 2004-11-13 16:17 | Cafe menu

OrangePekoe

*OrangePekoe(OP)って、
紅茶の等級のひとつだって知ってた?
OrangePekoeっていう銘柄の紅茶もあるけど、
本来は一番大きな茶葉を示すもので、
アッサム・ウヴァなどにもOrangePekoeはあるんです。

*OPの次に大きいのが、
P(ペコー)・ついで、PS(ペコースーチョン)・S(スーチョン)の順です。
OPは一般に、茶葉の長さが7~11ミリのモノで、
インドやスリランカが主流。
b0043635_160386.jpg


OPをカットし、2~4ミリに仕上げた茶葉をBOP(ブロークンOP)といい、
この方が色と香りがOPより強くでます。
そして、更に、
BOPをふるいにかけたトキに落ちる1~2ミリの茶葉を
BOPF(BOPファイニングス)といい、
主にティーバッグで使われてるんだとさ。
b0043635_1604541.jpg

[PR]
by Walk-in-Shanghai2 | 2004-11-13 16:01 | Cafe Study